事業内容 service

地質部

地形・地質、防災、地下水等の調査・解析

地質や地盤に関する踏査や調査、解析等の技術を活かし、様々な社会インフラの様々なステージにおいて課題を解決します。



地すべり調査・解析

予備調査:地形判読調査(空中写真、地形図等)

予備調査:地形判読調査(空中写真、地形図等)

概査:現地踏査

概査:現地踏査

「地すべり」は、位置する地形・地質状況・地質構造等によって現象が異なるため、調査実施にあたっては、対象とする地すべりの特徴を的確に把握し、効果的な対策を実施する必要があります。
 このため、地すべり調査は、机上調査(予備調査)で地すべりの概況を把握し、概査(現地踏査)により地すべりの範囲や規模、移動状況を確認した上で調査計画を検討し、精査により地すべりの発生・運動機構を解析します。


地下水に関する調査・解析

水資源開発に伴う河川流量調査(表流水流量調査)

水資源開発に伴う河川流量調査(表流水流量調査)

水文地表踏査

水文地表踏査

 地下水調査は、地下水および地表水を対象とし、水の賦存状態・挙動・収支およびそれらの因果関係を明確にし、水資源開発や土木工事等に伴う影響等を予測することを目的として行います。


防災

砂防ダム建設予定地の地盤調査

砂防ダム建設予定地の地盤調査

斜面・構造物点検

斜面・構造物点検

 土石流対策として、砂防ダム等の構造物を安定的に構築するための地盤構造を解明するため、ボーリング調査を主体とした地盤調査を行います。また、周辺部の地形・地質状況確認を目的とした地表地質踏査も行い、地盤調査結果の解析精度を向上させます。
 また、一度崩壊すると影響の大きい法面や自然斜面の安定性を評価します。