MENU

測量

 測量は設計の器作りであり、設計全体計画を立てる上での基礎資料であることから、測量の目的と精度を理解し、最適な測量機器を選定することが重要となる。中電技術コンサルタント測量部門では、最新の測量技術の利用も配慮した基準点測量、路線測量、深浅測量、用地測量及び地形測量等を行っています。

事業内容

  • ①基準点測量(基準点測量、水準測量)
  • ②応用測量(路線測量、河川測量、深浅測量、用地測量)
  • ③地形測量(平板測量、空中写真測量)
  • ④用地調査(建物、工作物、立竹木)
  • ⑤新技術(電子光学測量(3Dレーザースキャナー)、ディジタル画像、衛星利用技術)
  • ⑥測量見積支援システムの開発

こんなことでお悩みではありませんか

  • 既設構造物の補強設計を行いたいが、図面がない(橋梁、プラント類)
  • 法面の測量を精度良く行いたいが、非常に危険な箇所だ(地すべり、急傾斜地)
  • 工事出来型の管理を効率的に行いたい
  • 文化財保護・遺跡調査の効率化を図りたい
  • トンネル内部点検の高度化を図りたい

3Dレーザースキャナー計測がお役に立ちます、お気軽にご相談下さい

高精度なダム管理手法はないか

ダム深浅測量の効率化策堆積土砂量算定の精度向上策について検討し、御提案します

大事な私有地の管理に困っていませんか(森林広大地の財産管理)

大事な資産の図面を残し、座標を用いた管理を行うためのアドバイス及び測量を実施します