MENU

解析

津波浸水予測シミュレーション

 海域で地震が発生すると、海底の地殻変動が原因となって津波が発生します。津波解析は、断層諸元を与えることにより初期の海面変動を求め、時間とともに広がる海面の変動をシミュレーションできます。このため、過去に発生した津波の再現や想定される断層から発生する津波を評価することが可能になります。海岸での津波高や到達時間、浸水範囲や面積などを予測し、護岸整備や防災訓練に利用することができます。

 中央防災会議(2003)から公開されているデータを利用して、東南海・南海地震のシミュレーションを行った結果を示します。

地震発生直後の地殻変動

津波最大水位の分布

アニメーション

事業内容

●断層の位置・大きさ・ずれの量、津波が伝播する海域の海底地形が定まれば、津波による水位の上昇・下降量が定まります。

●津波が伝播していく状況をアニメーションとして表現するため、大域的な水位変動を把握できます。