MENU

土壌浄化・廃棄物

 2003年2月に土壌汚染対策法が施行され、土壌が汚染されている場合の周辺環境への影響、および土地取引時の資産評価等への関心が高まっており、土地の履歴調査をもとに必要に応じて土壌調査・浄化を行なうことが必要です。

 廃棄物分野では循環型社会システムへの転換へむけた3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進、また環境保全やコスト等に配慮した廃棄物処理・処分計画が重要となっています。

土壌浄化

  • 土壌汚染状況調査
  • 土壌汚染詳細調
  • 土壌汚染評価・分析
  • 土壌浄化・修復工選定
  • 土壌浄化・修復工の施工監理
  • 浄化土壌のモニタリング

詳しくはこちら

廃棄物・リサイクル

  • 廃棄物(一般廃棄物、産業廃棄物)の実態調査
  • 廃棄物処理施設設置に係る環境影響調査、評価
  • 廃棄物処理、リサイクルに関する各種計画、調査、設計、許認可、モニタリング、ごみ処理基本計画、産業廃棄物処理計画、廃棄物処理リサイクル施設、廃棄物最終処分場
  • バイオマス資源利活用に関するFS調査、計画、設計
  • 建設リサイクルに関する調査、計画、設計
  • 静脈物流事業・リサイクルポートに関する計画
  • (瀬戸内静脈物流事業化推進協議会事務局)

詳しくはこちら