MENU

防災

変形性能照査のための地震時残留変形解析

 次のような基準改正に伴い耐震設計・診断業務に必要となるレベル2地震動対応の変形性能照査に利用することができます。

 ・港湾の施設の技術上の基準・同解説の改正に伴う耐震強化岸壁等の耐震設計

 ・河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説の策定に伴うレベル2地震動に対する耐震性能照査

地震時残留変形解析

 当社では、地震時の残留変形解析の手法として次表にあげる有限要素法(FEM)を用いた解析を行うことができます。

表 当社において解析可能な地震時残留変形解析手法

動的解析 使用プログラム 過剰間隙水圧の発生 土の強度・剛性の低下 残留変形の評価
全応力 FLUSHALID/Win 液状化抵抗率FLから過剰間隙水圧ΔUを評価する FLから剛性低下率を評価する 別途、静的自重計算により評価する
有効応力 FLIP 井合のモデルで評価される 東畑・石原によるマルチスプリングモデルで評価される 動的解析により評価される
LIQCA 有効応力に基づく弾塑性理論にしたがい過剰間隙水圧の発生を評価する 有効応力に基づく弾塑性理論にしたがい地盤の剛性低下を評価する 地盤中の間隙水の移動が考慮され、過剰間隙水圧消散に伴う沈下も計算できる

ALID/Winによる河川堤防の残留変形図
L2-1対応

河川(L2-1)

FLIPによる耐震強化岸壁の残留変形図
L2-2対応

岸壁(L2-1)

L2-2対応

河川(L2-2)
岸壁(L2-2)