MENU

先進技術センター

3次元設計(BIM/CIM)

 中電技術コンサルタント(株)では、取得した3次元計測情報を基に、BIM(Building Information Modeling) /CIM(Construction Information Modeling/ Management)による3次元設計や既存構造物の3次元化を実施し、設計時の合意形成や維持管理の効率化、施工との連携等に活用しています。

砂防分野

 小型UAVを用いた航空写真測量やレーザー測量成果から取得した3次元地形データを活用し、砂防堰堤の整備量算出や、砂防堰堤の3次元設計、景観シミュレーション等、設計の効率化を図っています。
 また、作成した3次元設計の成果より鳥瞰図を作成し、合意形成等に活用することが可能です。

砂防堰堤の3次元モデル

砂防堰堤の鳥瞰図(斜め写真と3次元モデルを合成)

建築分野

 BIMを用いた3次元設計を実施するとともに、3次元モデルによる景観シミュレーションや意匠、構造、電気、機械相互や建物内部に設置される各種機器や配管等の干渉の確認などを実施しています。
 今後は、監理業務での納まりの確認をはじめ、3次元モデルを2次元へ製図化することや積算数量への応用など、活用の幅をさらに広げていきたいと考えています。


発電施設の3次元モデルと景観シミュレーション

設備分野

 既設構造物内の細かな設備の計測や、近接して計測することが難しい危険な場所(充電部等)などにおいて、3次元レーザー計測を用いたモデリングを実施することにより、仮想現実空間内での新規設備の設計や配置シミュレーションが可能となります。
 この技術を用いることで、変電設備等でも停電せずに計測することができ、停電時間や計測漏れを大幅に削減することが可能となりました。また、従来では計測が困難だった曲線部の3次元形状なども正確に再現できるため、より精度の高い現状把握が可能となります


電力設備の点群データのモデリング

トンネル分野

 通常2次元で実施されているトンネル設計に関し、地質情報を含めた3次元モデルを作成し、調査・設計・施工・維持管理の各段階で以下のとおり応用することができます。

①調査
:調査項目、箇所等の妥当性確認
②設計
:補助工法を含めた支保工設計
③施工
:施工中の地質情報を反映し、切羽前方の地質予測、対策工の必要性確認
④管理
:変状箇所の地質・施工情報に基づき原因を予測し対策工を選定

3次元地盤モデルと切羽データ反映状況

ダム分野

 既設ダムの3次元化により維持管理を支援します。

  • ・日常点検、定期検査、総合点検時の変状図作成等に活用できます。
  • ・竣工図や地質図を基に3次元モデルを作成し、平面図や横断図等に展開できます。
  • ・堤体内の監査廊や導水管等の位置関係や変状等が3次元的に把握できます。
  • ・ダム構造を分かり易くモデル化し、ダムの経験が少ない職員のフォローをすることができます。

ダムの3次元モデル