MENU

技術士取得支援

筆記試験に向けて(選択科目Ⅲ)

問題と課題

 論文を記述するときに「問題」と「課題」の関係が良くわからなくなることがあります。

その時は次の図を書くこととしています。

課題解決

 例えば、

産業構造の変化等により、人口減少傾向にある地域における社会資本整備の課題を挙げ、厳しい財政の制約の下で、地域の活性化を図って いくための社会資本整備のあり方について、具体策を示しあなたの意見を述べよ。(2007年度建設一般)

と問題文があるとき、

【背景】:『産業構造の変化等』

【目標】:『社会資本整備により地域の活性化をはかる』

【現状】:『人口減少傾向にある地域』

【問題点】:『地域において、地域の活性化を図る社会資本整備がなされていない』(メモ書き)

【課題】:『人口減少傾向にある地域』における『社会資本整備の課題』を抽出。

【解決策(今後とるべき方策)】:『地域の活性化を図っていくための社会資本整備のあり方について』、『具体策』を示し、『わたしの意見』を述べる。(『厳しい財政難下』での施策であることを留意する。)

と、わかりやすくなろうかと思います。

 また、ここでは【課題】と【解決策】が対の状態になっていれば、採点者に、より判りやすく伝えることが出来ようかと思います。

 課題や、解決策は箇条書きとすることも肝要です。

 論文としては、これに「はじめに」と「おわりに」を付け加えれば完成です。

 無理に、あれやこれや書くのではなく、問題文をよく読み、問題、課題、解決策の関係を正確に理解し、簡潔にまとめる。

 これが、技術士への第一歩だと思います。