MENU

Topics

高所作業車を導入しました。

 高度経済成長期に集中的に整備されてきた社会インフラは、高齢化が進展しています。これからの橋梁・トンネルなどのインフラ整備においては、適切な維持管理による延命策と機能維持が大きな課題です。この度、高所作業車を導入することで、インフラメンテナンスの知見を有するコンサルタントとして、社会インフラの維持管理・更新を通じて地域社会のニーズに応えてまいります。

護国神社での安全祈願

メーカーによる操作説明

車両の仕様

型式 TADANO AT-120SRM(モバイルローラ)



積載重量 1,000㎏
最大地上高 11.9m(9.9m※最大地上高:9.9m仕様)
最大作業半径 8.3m(100㎏積載時)
外寸法 3.0m×1.75m×1.01m(長さ×幅×手すり高さ)
旋回角度/速度 360°連続/1.0min-1{rpm}