MENU

技術情報

研究活動

 技術力の研鑽、新分野・新市場の開拓等をめざして、毎年、部署ごとに研究テーマを掲げ、全社横断的なメンバーでワーキンググループを設置し、研究活動を実施しています。
 2015年度の研究テーマは、重点有望分野として位置づけている「再生可能エネルギー」「環境」「維持・管理」「防災」に関するものや、戦略的に可能性を検討するもの、競争力強化を図るものの視点から以下のとおり34テーマを選定して取り組んでいます。

2015年度の研究テーマ 研究主幹部署
津波シミュレーションの河川施設・港湾施設管理への適用 河川砂防部
大規模土砂災害の発生予測
市街地建物密集状況を考慮した氾濫シミュレーション
斜面動態モニタリングによる斜面崩壊予測
土砂移動・植生遷移を考慮した河床変動解析
液状化を伴う河川堤防の変形特性解析
CCTV画像処理技術の高度化による河川管理への適用
画像解析技術の取得による点検等の高度化 水力部
ダム堆積土砂測量における測深技術の高度化
水力発電設計に係る水理計算システム開発
ゲート調査におけるタブレット端末の活用
タブレット端末を用いた点検・診断業務等の効率化 道路交通部
ICTによる観光支援とビッグデータの取得・活用検討
鋼構造物の維持管理技術に関する検討
歩行者シミュレーションによる交通挙動解析の高度化         
トンネル維持管理における施工時地盤情報活用方策に関する研究
浅場機能評価モデル構築 沿岸整備部
ブルーカーボン技術の開発および適用可能性の検討
港湾の管理運営体制における基礎的研究
AIS等ビックデータを活用した分析手法に関する研究
中山間地域におけるエネルギー・セキュリティ・システムの構築 都市整備部
産業施設の強靭化工法に関する研究、コンビナート施設の地震リスクマネジメント研究
水素・熱等の新たなエネルギーに関する事業化検討
建築設備機器の省エネ診断技術の高度化    建築部
LEDトンネル照明ソフトの開発 電気通信部
高齢者・観光者等見守り支援
海底ケーブル調査業務における成果品の品質向上と原価率の向上 流通設備部
橋梁添架配電設備の補修設計と新設設計へのフィードバック 配電設備部
河川環境調査・評価手法の高度化 環境部
風力発電環境アセスメント技術
建設事業の大気環境技術の高度化への対応
閉鎖性水域の水質管理システムの高度化への対応
地すべり調査・解析手法の技術継承 地質部
CV技術(写真測量)の活用方法の検討 情報事業部