MENU

維持管理

道路・河川占用許可システム

申請書データ入力から許可証発行まで、行政事務を支援します

 道路や河川区域内に一定の物件や施設などを設置し占用する場合には、道路・河川管理者の許可が必要となります。
 『占用許可システム』は、申請者及び占用場所、占用料等に関する情報を適切に管理するとともに、占用許可における事務処理の効率化を支援するシステムです。

 
画面イメージ

メインメニュー

  • 事務所・課で異なるメニューで、目的の事務処理画面にすばやくアクセス可能
  • 更新交付申請書や債権整理簿等の作成、各種データ出力も可能
  • インフォメーション機能で必要な作業件数を確認
画面イメージ

申請書データ入力画面

  • 物件コード、数量等を入力することで占用料を自動計算
  • 許可書への印字文を自動生成
  • 登録時にデータのチェックを実施
画面イメージ

承認画面

  • 承認が必要な申請対象を抽出し、結果を簡単に入力可能
  • 申請者の過去の履歴も閲覧可能
画面イメージ

許可証・同意書

  • 電子印を利用可能
  • PDF出力
画面イメージ

システムの特長

占用許可状況の的確な把握
:県内の申請・審査中の占用情報から、許可済みの占用物件の場所、占用料等に関する許可物件単位での管理が可能です。
煩雑な占用料算出の自動化
:許可物件の種別選択、占用期間や数量の入力だけで、単価の期間単位(年や月等)に基づく自動計算機能により、誰でも簡単に占用料算定ができます。
お知らせ機能による注意喚起
:トップ画面の『Information』欄に事務手続きが必要な件数を表示し、円滑な事務処理を支援します。
適正な債権管理
:許可情報が日々更新される中、登録されている占用情報をもとに、いつでも最新の債権状況をシステムで確認・出力することができるため、適正な債権管理が可能となります。
他システムとの連携による事務処理の効率化
:会計財務システムなど他システムとデータ連携を行い、事務処理の効率化を図ることも可能です。
各種様式及びデータ出力
:電子印を使用し、PDFファイルとして許可証を出力するため、押印の手間を省略できます。更新時には、占用者に郵送する更新申請書を一括作成・出力することができます。また、各種データを検索し、CSVファイルに出力できます。
容易なマスタメンテナンス
:占用者の住所や名称・氏名、物件の単価設定、路線の追加・削除、システム利用職員の変更やアクセス権限の設定など、専用のマスタメンテナンス機能を利用し、職員自ら容易に設定変更できます。
メニュー・利用者権限の変更
:利用者の権限設定が可能で、人事異動時期のメンテナンスも容易です。

▼メニュー例

受付業務
:新規申請、変更申請、更新申請、権利譲渡承認申請、占用廃止届、地位継承届 ほか
印刷
:許可書、更新交付申請書、債権整理簿、監査調書
審査・決裁
:起案、承認、指令/文書番号入力
検索・データ出力
:検索・データ出力、調定用CSVデータ出力
利用環境
:Internet Explorerで動作するWebシステムなので、都道府県イントラネットでの運用に最適です。本庁と出先事務所でデータを共有し、個別のパソコンへのインストール作業も不要です。利用者数の制限もありません。
カスタマイズ対応
:ご要望に応じ、カスタマイズが可能です。
業務実績

占用許可システム設計、開発及び運用業務 佐賀県県土整備部(H26年度開発完了、運用保守業務実施中)