MENU

マネジメント

土木施設維持管理クラウド(市町村支援)

財団法人による地方自治体支援事業のご提案

 2012年に発生した笹子トンネル天井板落下事故以降、道路分野の構造物で定期点検が義務化される等、公共土木施設の維持管理に関する業務量が増大しています。一方、多くの管理対象施設があり、運用も長期間に亘るため、情報システムによる管理が必須と考えられます。
 当社では、土木施設の管理者の方が、日常の維持管理業務を効率的に処理できるように、低コストで利用できるクラウドサービスや仕組みづくりをご提案します。
 地方自治体の複数の構築経験を踏まえ、貴県の業務実態に沿ったサービスをご提供します。

解決策 -土木施設維持管理クラウド-

システム共同利用によるコスト削減
:複数の自治体で、データのセキュリティを確保した上で、システムを共同利用するため、安価でシステムを利用することが可能です。
利用環境
:Internet Explorerで動作するWebシステムのため、個別のパソコンへのインストール作業も不要です。利用者数の制限もありません。本庁と出先事務所でデータを共有することが可能です。
維持管理業務を効率化
:多くのシステム納入実績を踏まえ、様々な条件を組み合わせた施設の検索、点検データの一括更新、グラフや一覧表による施設の現状可視化、国土交通省点検記録表様式の管理等、様々な機能で維持管理業務の効率化を支援します。
カスタマイズ対応
:ご要望に応じ、カスタマイズが可能です。

システム構成の例(インターネット利用)

システム構成の例(インターネット利用)

運用イメージ

  • 建設技術センターは自治体支援事業の一環でシステムを運営し、自治体にサービスを提供します。
  • 自治体は建設技術センターに公共土木施設維持管理に係るデータ管理業務を委託します。
  • 地方自治体はインターネットを通じてシステムを利用します。
  • 当社はシステム保守業者として、円滑なシステム運用を支援します。点検データは運用保守の一環で当社が一括登録します。

※システムを稼働するハードウェアは別途調達していただくか、当社が運営するクラウドをご利用いただけます。

業務実績

No. 対象構造物 運用開始年度 施設管理者
1 橋梁 平成20年度 広島県及び市町※1、島根県及び市町村※2、
岡山県及び市町村※3
2 トンネル 平成20年度 広島県及び市町※1
3 道路施設※4 平成27年度 広島県及び市町※1
4 港湾・海岸・漁港 平成20年度 広島県
5 防潮扉 平成20年度 広島県
6 堰堤工 平成20年度 広島県
7 ダム 平成19年度 広島県

※1:広島県版と市町版は別々のシステムで運用中
   広島県版は広島県道路整備課、市町版は広島県土木協会でシステム開発・運用を実施
※2:システム開発は島根県道路維持課、運用は島根県建設技術センターで実施(県からセンターへの運用委託)
※3:システム開発は岡山県道路建設課、運用は岡山県建設技術センターで実施(県からセンターへの運用委託)
※4:シェッド、大型ボックスカルバート、門型標識、横断歩道橋が対象(点検義務化への対応)

画面イメージ

画面イメージ