MENU

防災

地震・津波・液状化ハザードマップの作成

 中電技術コンサルタント(株)は、震源断層をもとに最新の技術によって地震の揺れ、津波高、液状化の予測を行い、地震・津波・液状化ハザードマップを作成します。あわせて、人的・物的被害を想定することが可能です。

技術の適用場面

 ハザードマップにより、東日本大震災のような巨大地震(海溝型地震)や地域で想定される直下型地震(地殻内地震)によって自宅、学校、会社がどの程度の揺れになるか、津波によってどの程度浸水するか、液状化する可能性はないかを住民、企業や自治体の職員に周知徹底することができます。

ハザードマップ作成

 中電技術コンサルタント(株)は、これまでに自治体の地震被害想定調査や地震・津波ハザードマップの作成業務を担当してきました。

 ・広島県ゆれやすさマップ

 ・尾道市防災マップ(津波災害)

 ・山口市地震ハザードマップ

 これらの担当実績をもとに、地震・津波・液状化被害リスクの想定やハザードマップ作成を次のような技術によって行います。

ハザードマップフロー

地震防災関連の事業メニュー