MENU

行事紹介

「海辺の自然学校 in 周南」へボランティアとして参加しました。(2016年9月16日)

 国土交通省中国地方整備局 宇部港湾・空港整備事務所が主催する「海辺の自然学校 in 周南」が平成28年9月16日に山口県周南市にある人工干潟(大島干潟)で開催されました。
 当社は、運営を行う特定非営利法人さとうみ振興会のボランティアとして4名が参加しました。
海辺の自然学校には、周南市の小学校(三丘小学校、鼓南小学校)の生徒32名が参加し、生物観察、座学の体験学習を行いました。
 午前中の座学では、「潮汐の仕組み」と「潮汐の干満差により形成された干潟に生息する生物」を題材とし、干潟の特徴や重要性を学び、また、干潟を含め海域に生息する生物の基礎生産となるプランクトンの顕微鏡観察を行いました。
 午後からのフィールドワークでは、大島干潟で積極的に実施されているアサリの養殖について、「アサリの間引き体験」によるアサリを育てることの難しさや大変さを学ぶと共に、「カブトガニ観察」や「干潟生物との触れ合い」を行いました。
 これらの活動にボランティアとして、座学、フィールドワークに携わる中で、干潟に生息する生物と向き合い笑顔の子供達、捕まえた生物の名前を聞きに来てすぐに覚えてしまう子供達など、仕事とは違った子供目線で干潟や生物に触れ合うことで、もう一度初心に帰ることができた有意義な1日でした。
 これからも、未来を担う子供達の自然環境の大切さを思う心を育てるために、当社も協力していきたいと思います。