MENU

行事紹介

「2016年度 技術講座:ダム再開発工事に関る事例紹介」の開催(2016年4月)

 近年、異常気象への対応やエネルギー問題など、ダムに対する社会の要請は大きくなっています。既設ダムの貯水容量増加や放流能力増強などを目的とした再開発は、ダムを新設する場合に比べて、短期間で効果が発現できること、環境におよぼす影響を小さくできること、経済的に目的を達成できることなどのメリットがあるため、そのニーズがますます高まっています。
 しかし、ダム再開発は、既設ダムを運用した状態で調査、設計、施工を実施するため、さまざまな制約があり、現場に応じた柔軟な対応が求められます。
 そこで、この度、全国各地でダム再開発工事の実績を有する㈱熊谷組様をお招きし、事例を交えながら、ダム再開発技術の技術内容や最新動向等についてご講演頂きました。
 当社では、こうした社内研修会等を通じて、技術者としての資質向上の責務を果たすため、社員のCPD(継続教育)を積極的に推進しています。

  • 【開催日時】2016年4月26日(火)15:00~17:30
  •  講師:㈱熊谷組 ダム技術部 佐藤英明 氏
  •  ① はじめに
  •  ② 当社のダム再開発
  •  ③ コンクリートダムの再開発技術
  •  ④ 貯水池の浚渫技術
  •  ⑤ おわりに
ダム再開発工事に関る事例紹介